FC2ブログ
男と女の脳の中 愛し求め合う二人
男と女が求め合いやりまくる過程で、お互いいろんなことを考え経験していく、その瞬間瞬間をつれづれなるまま赤裸々に。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての女性
「ンフ、恥ずかしぃ?」

と小首をかしげてオレのパンツの両端をきれいな指で掴みながらお姉ちゃんはいつもと同じ優しい二重まぶたでオレを見上げる。
どう答えていいのか少し思案していたらオレはお姉ちゃんの目の前でパンツを脱がされ、そして正直なアソコは天井を向いてそそり立ちオレはどうしようもなくまだ思案中で立ち尽くしていた。

白いお姉ちゃんの手がオレの根元を包んで、あっち、こっち、と充血してツルンとテカルほどにパンパンになった亀頭の角度を変えて舐めまわすように眺めたあとで

「。。。めちゃくちゃおっきいんだ♪」

と相変わらずオレが大好きないつもの笑顔でニコニコして言う。(うん、姉ちゃんに触られるなんて妄想はしてたけどまさかそうなるなんて思ってもみなかったからいつもに増して超デカデカになってる)大好きなお姉ちゃんは服を着ていて普段と何も変わらない、ただオレがお姉ちゃんの前でほぼ全裸の状態で立っていて、アソコも胸を張ってそそり立ち、それをお姉ちゃんが握っているという点があまりにも非日常すぎる光景だった。


お姉ちゃんといっても実の姉とのプチ近親相姦ではなく、確か7~8つ上の親戚のお姉ちゃんとの想い出。思うところがあってまだキスもしたこともないオレにはちょっと刺激がきつすぎた。

お姉ちゃんは少し息が荒くなってカチコチになったソレを絶妙な握り具合で優しくシゴイテくれた。チラッと見る目がなんだかトロンとしてきたような妖艶な感じがして

「ね、ねえちゃん・・・」

と思わず声が出てしまう。何か一言発するとこの異常だけど嬉しい状況が無くなっちゃうような気がしたからぐっと我慢してたのだ。お姉ちゃんは握ったまま口をゆっくりあけて立っているオレを見上げた。そしてその愛らしい口からはピンク色の舌がなまめかしく出てきて、とうとうオレの亀頭の下側はお姉ちゃんの体温と同じになった。。。

「うぅぅ、す、すごぃ。。。うぐぅ・・・」

と漏れる声がたまらなく、腰が動いてしまう。
大好きなお姉ちゃんにオレは今フェラチオをしてもらっているなんて、何がいったいどうしたんだろうと疑問はもうこの際置いておいて、はじめての女性の口の中、舌の気持ちよさ、そしてなにより好きな女に愛してもらっているという事実が幸せだった。

お姉ちゃんのフェラチオは今思えば歯が当たるしテク的には調教したくなるほどのものだったが、時々咽ながらズボォと唾液にまみれたオレのを出して、大きい・・・大きい・・・と言いながら口元にすこしたれたよだれもかまわずにしごいてくれるお姉ちゃんに女を感じ、そしてその天然ローションにまみれた暴発寸前のオレのは、姉ちゃんのきれいな白い手にしごかれながらカウントダウンをはじめていた。

「ぐ!・・・ぁはあ、、、」

と、姉ちゃんの喉元に向けて熱々のホワイトソースを発射してしまったオレは立ったまま何度も何度も発射に合わせて震えた。女の人にしてもらうのがこんな気持ちいいなんて。。。

オレにまみれてしまったお姉ちゃんは、最後の痙攣後もしばらく濃いスペルマだらけになってしごいてくれてた。ずっと年上なのにとってもかわいらしく思えてしょうがなくて、お姉ちゃんの前に座ってお姉ちゃんの顔にも飛び散ったのを指でふきながら、オレはお姉ちゃんに本気でキスをした。お姉ちゃんと結婚したいと思うほど、本気のキス。

男と女なんていくら時間をかけても、なんとも思わないこともあれば、会って一瞬でイカレテしまうこともある。子供だったからとかじゃなく、お姉ちゃんをひとりの女として好きになっても、愛してもいいんだ。。。と思った瞬間に留めていた今までの想いだとかどんだけ好きだったかとかが一気にほとばしる。ひょっとしたら、普段に会ってどこかにいったり、遊んだりしているときにお姉ちゃんはどこかでそういうのをわかってたのかもしれない。

その夜にオレは大好きだったお姉ちゃんを抱いて、男になった。お姉ちゃんに正直に言うと、目が泣きそうな目になってぎゅうぎゅうと胸に抱いて何度も「ほんと?ほんと?」と嬉しそうにいってくれた。

手も握ったことない。「なんで?背はまだ少し足りないけどカッコイイもん、たくさんデートくらいはしたでしょ?」「~んとね,,,前から姉ちゃんのこと好きって思ってたから...」

忘れもしない。はじめて愛した日に全てを愛した。お姉ちゃんのあそこに顔をうずめて舐めまわして顔中ラブジュースだらけになるのも嬉しかった。復活は若かったので何度も底なしに復活したので、むさぼるように求めた。人に欲せられるって嬉しく、憧れの人をこの手で抱け、そして全てに染みるくらい愛せるのは最高の幸せ。戻れるものなら戻ってみたい、あの頃。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。